薬剤師がドラッグストアに転職するメリットとは?

ドラッグストアはレジ打ちや雑用をやらされるから、転職したくないなぁ・・・

と考える薬剤師が多いようです。

おそらく都市部にあるドラッグストア、ドン・キホーテやスギ薬局などのイメージが強いのだと思いますが、実はドラッグストア勤務でもほぼ調剤業務しかしない、調剤薬局併設型のドラッグストアも多数あります。

ドラッグストアの薬剤師は平均年収が他の職種に比べてかなり高く、年収650万円を平均でも超えてきます。

店長などに出世をすると1,000万円を超えることも珍しくなく、ドラッグストアに転職する最大のメリットはこの年収の高さにあるでしょう。

年収だけじゃない、OTC薬品の知識はドラッグストアならではのスキル

ドラッグストアで取り扱うOTC薬品の知識は一般の薬剤師ですとなかなか身に付きません。

幅広い知識を身に着け、様々な環境で活躍できる薬剤師を目指すために、OTC薬品の知識は武器になるでしょう。

出世のチャンスが沢山ある!リーダー→店長→エリアマネージャー→部長→役員

通常の薬剤師ですと、出世を望んでもそもそもポジションが空いておらず、結果を出しても待遇が変わらない・・・

などという不毛な経験をすることも出てくると思います。

しかし、ドラッグストアであれば狙うべきポジションが数多くあり、キャリアアップを目指すうえでは非常に好都合です。

高い年収や待遇、キャリアを重ねたければドラッグストアへの転職も一手でしょう。

薬剤師がドラッグストアに転職するデメリット

土日休みがとりにくい

基本的にドラッグストア勤務の薬剤師は平日休みを求められることがほとんどです。

土日に休みたい人にとってはデメリットになるでしょう。

友達や恋人と休みを合わせにくいですね。

一方で、遊園地などに平日遊びに行けば土日よりも空いていますから、一長一短です。

勤務時間が長いこともデメリットでしょう。

お店が閉まるのが21時等であれば、終業は早くても22時などになっていきます。

帰宅後、旦那さんや奥様がすでに寝ていて寂しい・・・というようなことが多くなるかもしれません。

これはドラッグストアに転職するうえで大きなデメリットとなっています。

高年収を望む薬剤師はドラッグストアへ転職しよう

やはりドラッグストアへ転職する理由は何といっても年収になりますね。

大きく年収増を狙う方は異業種からでも転職するメリットが大きいと思います。

トップページでは薬剤師転職で年収UPさせるポイントも説明していますので合わせて活用してくださいね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*